陶胎

【とうたい】

陶磁器を漆器の*素地にしたもの。ロクロ成形、手びねり、型作りなどによって木質素地では不可能な複雑な造形が自由に行える上、伸縮や反張なども起きない。さらに漆の焼付が行えるなどの利点があるが、反面衝撃に弱くてこわれやすく、器物として重すぎるなどの欠点もある。江戸末期に*大喜豊助が考案した*豊助楽が陶胎漆器として知られる。