城端蒔絵

【じょうはなまきえ】

出典:和美活

城端蒔絵は白色をはじめとする鮮明な中間色をあらわすことを特色とし、花鳥文様などを生態そのままの色調・ぼかしで表現できる、小原家独自の技法です。蒔絵とは本来、漆で模様を描きその上に金や銀の粉を蒔き付ける技法ですが、加賀藩では加賀蒔絵保護のため藩外での金銀の使用を禁じました。城端蒔絵は、それに対して白をはじめとする各種の色彩を自由に駆使し、一般の蒔絵とは趣を異にする独特の様式を案出したのです。