沈金象嵌

【ちんきんぞうがん】

出典:漆器JAPAN

文様を線彫・点彫等で表した彫溝に、金・銀・色漆を埋め、乾燥後に上から漆を塗ります。その後平に研き出し、再び文様を浮かび上がらせて仕上げます。交差する線や点を異なる色で表現することに適しています。本技法と同様のものにキンマがあります。