脱活乾漆

【だっかつかんしつ】

出典:wikipedia

乾漆の製作法の一つ。脱乾漆ともいう。粘土で像の原型を作り、これに*生漆で麻布を貼り重ねていって乾燥してから中の粘土を取り除いたもの。中に心木を入れ、手指などの細部には針金を心にし、*刻苧や*地、*錆で形を整える。また仕上げに漆を塗って箔をおいたり彩色したりもする。脱活乾漆の例としては興福寺の十大弟子や八部衆、東大寺三月堂の不空羂索観音像、唐招提寺金堂の盧遮那仏などがある。