【さび】

砥の粉を水で練って粘土状にし、生漆に混合させたもの。単に錆ともいう。なお錆の字は当字で、細土がさひちとなりさひがさびに転訛したものといわれる。