平極蒔絵

【ひらごくまきえ】

出典:会津物語

蒔絵を粉の種類によって分類した場合の一つで、平極粉および*半丸粉を用いた蒔絵。焼金蒔絵とも称する。漆は*黒目漆ないし*生正味漆を*火取りして紅柄を少量混合したものを用いる。この漆で絵を描いた上に、平極粉を綿につけて蒔きつけ、乾燥後*摺漆をし*挽き砥の粉をつけて磨く。平極粉は挽き砥の粉の磨きに耐えるよう粒子が粗く、金属に近い強い光沢がある。