覆輪

【ふくりん】

出典:まさかのプラモ講座

刀剣・甲冑(かつちゆう)・馬具・笛・陶磁器などの縁を包む金属や革。他の物との接触による傷みを防止するためのもの。装飾ともなるため,金銅・銀銅・砂張(さはり)などが多く用いられた。