千筋挽き

【せんすじびき】

出典:下村漆器店

慶安年間(一六四八~五二)に挽物工、蓑屋平兵衛が考案したといわれる山中漆器がもつ独自の技術。先が二本に分かれた特殊なのみで、一ミリ位の問隔で均等な筋目をつけ、溜塗で仕上げる。椀、盆、茶托などに多く、趣の深いものである。また別に糸目挽きともいわれる。