研切蒔絵

【とぎきりまきえ】

研出蒔絵の一種で、金錫粉地に木炭粉や銀粉を用いて、墨絵風の濃淡のある図を蒔絵で表わしたもの。墨絵研切蒔絵、あるいは単に墨絵蒔絵ともいう。室町時代に宋元の水墨画が日本に入ってきたときに、その画風を蒔絵に再現しようとして工夫されたものである。最も濃い部分には*椿炭の粉末や*黒蠟色漆の乾漆粉、白い部分には銀粉、金粉、錫粉を用い、中間色は両者を適当に混合して調節する。濃淡に蒔きしめたら、漆固めをして研磨仕上げを行う。