錆蒔絵

【さびまきえ】

下地に用いられる錆漆(生漆と砥粉を混合したもの)を器物全面に施して仕上げたもの。鋳物のような重厚な仕上りになる。粘度の低い錆漆で錆絵を描く。梅と鶯模様が多い。明治・大正にかけて盛んに製造された。