古代朱塗

【こだいしゅぬり】

出典:古澤漆器店

生漆(きうるし)に顔料の朱色を混ぜて発色させたもの、漆器の基本色のひとつ、洗朱(あらいしゅ)や古代朱(こだいしゅ)も大きく言えば朱塗りの一種、赤漆と同じ。全部朱塗りのものを”総朱(そうしゅ)”という